さくらVPS: nginx/PHP/WordPressインストールガイド

1.さくらVPSで最初にやっておくこと

 

一般ユーザーの追加

# useradd user

ユーザーにパスワードを設定

# passwd user

ユーザーを wheel グループに追加

# usermod -G wheel user

wheel グループのユーザーのみ su を使えるように

# vim /etc/pam.d/su
#auth required pam_wheel.so use_uid
コメント解除。
auth required pam_wheel.so use_uid

※ここで一度SSHを切断し、作成した一般ユーザーでログイン、その後に su で root 権限に移行できるか確認!

SSH の設定

# vim /etc/ssh/sshd_config

ポート番号を変更。

#Port 22
Port xxxx(任意の番号)

rootユーザーによるログイン禁止

#PermitRootLogin yes
PermitRootLogin no

 

2.必要なパッケージをインストール

 

nginx インストール

# yum install nginx

php インストール

# yum install php-cli php-mbstring php-mysql

php-apc インストール

# yum install --enablerepo=remi php-pecl-apc

php-fpm インストール

# yum install --enablerepo=remi php-fpm

MySQL インストール

# yum install mysql-server

phpMyAdmin インストール

# yum install phpmyadmin

 

3.php-fpm 設定

 

php-fpm をインストールすると実行権限が、user=apache 、group=apache になっています。

今回は nginx を使うための設定なので、これらを nginx に変更します。

# vim www.conf
; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
; will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
group = nginx

 

4.nginx 設定

 

設定ファイルについて

nginx のインストール先は、

/etc/nginx

となります。

nginx.conf に nginx 全体の基本設定が入っていますが、ドメインや公開ディレクトリの設定は、

/etc/nginx/conf.d

に入っています。

 

5.WordPress 設定

 

WordPress をWEBルートにするので、自分の好みで公開ディレクトリー(/path/to)を作成し WordPress のファイル一式を用意します。

最新版 WordPress をダウンロードし解凍する

# cd /path/to
# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-x.x.zip
# unzip wordpress-x.x.zip

WEBルートの権限を設定

# chown -R nginx.nginx /path/to/wordpress
# chmod -R g+s /path/to/wordpress

基本的な設定

# vim /etc/nginx/conf.d/default.conf
location / {
        root   /path/to/wordpress;
        index  index.php;

        if (!-e $request_filename) {
            rewrite ^/(.+)#  /index.php?q=$1 last;
            break;
        }
}

php-fpm 経由で PHP を実行するための追加設定

default.conf 内でコメントアウトされている箇所なので、コメントを外したり不要な行を削除しただけです。

# vim /etc/nginx/conf.d/default.conf
location ~ \.php# {
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /path/to/wordpress$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
}

 

6.phpMyAdmin 設定

 

phpMyAdmin は phpmyadmin.domain.com で運用しますので、nginx に最初から入っている virtual.conf をベースに編集します。

編集するさい、 phpMyAdmin のインストール先である

/usr/share/phpMyAdmin

を記述する箇所があります。

phpMyAdmin と php-fpm の設定

# vim /etc/nginx/conf.d/virtual.conf
server {
    listen      80;
    server_name phpmyadmin.domain.com;
    access_log  /var/log/phpmyadmin.access_log;
    error_log   /var/log/phpmyadmin.error_log;

    location / {
        root /usr/share/phpMyAdmin;
        index index.php;
    }

    location ~ \.php# {
        fastcgi_pass    127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index   index.php;
        fastcgi_param   SCRIPT_FILENAME /usr/share/phpMyAdmin$fastcgi_script_name;
        include         /etc/nginx/fastcgi_params;
    }
}

session を使うための設定

PHP や phpMyAdmin で session を使うために、session ディレクトリのオーナーを nginx に変更しておきます。

# chown -R nginx.nginx /var/lib/php/session/

サブドメインを使う場合の注意

使っているDNSの設定で、phpmyadmin.domain.com のIPアドレスを設定しておきます。

 

7.サービス(デーモン)を起動

 

php-fpm の起動と自動起動設定

# service php-fpm start
# chkconfig php-fpm on

MySQL の起動と自動起動設定

# service mysqld start
# chkconfig mysqld on

nginx の起動と自動起動設定

# service nginx start
# chkconfig nginx on

 

8.データベース関連の初期化

 

MySQLの初期化

# /usr/bin/mysql_secure_installation

phpMyAdminの初期化

http://phpmyadmin.domain.com/setup にアクセスし初期設定を行う。

 

9.動作確認

 

phpMyAdmin の設定が行ったことで nginx, PHP, spawn-fcgi, MySQL が動作していると確認できたので、あとは WordPress の動作確認のみです。

あらかじめ WordPress で使うデータベーステーブルを phpMyAdmin で作成し、ドメインにアクセスしてください。

 

簡単ながら、以上で可能です。

 

参考にさせていただいたサイト

 

One thought on “さくらVPS: nginx/PHP/WordPressインストールガイド

  1. Pingback: さくらVPS 1GにNginxとPHP-FPMをいれてWordPressブログを作ったメモ | ninxit.blog

コメントする