WindowsXP:自動更新後の再起動を止める方法

Windowsの自動更新で、

  • 再起動するのか
  • 再起動しないのか

どちらか、「やってみないとわからない」状態です。

 

再起動が必要な場合、ずっと放っておくと

「勝手に再起動」

「気づかず放置してると、未保存データを失う」

といった悲惨な事態に・・・(何度か経験しました)

 

これらを回避するための設定方法があります。

@IT様(http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/735aurestart/aurestart.html)に詳しく掲載されていました。

 

手順を列記しますと、

  1. グループポリシー設定ソフトを起動(gpedit.msc)
  2. 左のリストから、「コンピュータの構成」「管理用テンプレート」「Windowsコンポーネント」「WindowsUpdate」を選択
  3. 右のリストから、「ログオンしているユーザーがいる場合は(中略)自動的に再起動しない」をダブルクリック
  4. 「有効」を選択し、「OK」

以上の設定で、「再起動してください」といった確認は出ますが、強制再起動にはなりません。

完全に抑制されたい場合は、他の設定も変更すれば可能です。

 

コメントする