Windows: ショートカットキー

Windowsで仕事していると、どうしてもマウスの使用頻度を下げたくなってきます。


そうなると、ショートカットキーを多用するようになります。

例えば・・・


Windows全般:

  • TAB 次の入力へ移動
  • Alt+TAB アプリケーション切り替え
  • (Alt+Shift+TAB 上記の逆順 ※以降、順序関連はShiftを加えることで逆順)
  • Ctrl+TAB アプリケーション内で複数開いている時の切り替え


多くのアプリケーション:

  • Ctrl+C, Ctrl+Insert コピー
  • Ctrl+V, Shift+Insert ペースト
  • Ctrl+A すべて選択
  • Ctrl+S 保存
  • Ctrl+Shift+S 名前を付けて保存…
  • Ctrl+W 開いているウィンドウを閉じる
  • Ctrl+Q 現在のアプリケーションを閉じる


その他多数あります。


有名なアプリケーションほどショートカットキーへの対応が進んでおり、

極力キーボードを使うことで、肩や腕への負担を減らし作業効率アップにも繋がりますので、

慣れていない方も徐々に慣れていけば良いかもしれません。

コメントする